古民家暮らし

「包丁研ぎ」

若いころからいろいろな包丁を使ってきた。でも今は昔ながらの菜切り包丁が使いやすい。なにしろよく切れる。切れが悪くなってきたら、研げばいい。  

若いころは包丁を研ぐという余裕がなく、切れが悪くなったら、次々と新しい包丁を購入していた。自分で上手にとげたらいいのになあ、と思いながらも習う機会も時間もなく、罪悪感に苛まれながら・・。

もう何年か前になるが、新聞広告を見て「これだ!」と一念発起し、包丁研ぎの一日講習に出かけた。若い人たちばかりかと思ったら、意外にもかなり年配のお母さん達ばかり・・・。なんだ、包丁研げないのは私の年代の女性だけじゃないんだ、となんだかほっとしたのを覚えている。

先生の研ぎを見ながら、砥石を順番に換えひたすら研ぐ。つるつるしたトマトの皮がするっと切れた時の驚きと感激!

それからずっと菜切り包丁。研いでは使い、研いでは使い・・・。ところが刃はまだまだ切れてますます使いやすくなってきたのに、木製の柄に付ける部分が折れてしまった。こんな時、よいどれ小籐次がいてくれたら、柄も直してくれるだろうに、素人はなすすべもなく、使い慣れた包丁は、それでも捨てられず台所の片隅のオブジェになっている。柄を挿げ替える講習はやってないだろうなあ。

ABOUT ME
古民家コンサート
静岡県島田市大井川のほとりにある古民家です。 みんなが元気になる、出会いの場、つながる場となれるよう定期的に「古民家コンサート」を開催しております。 発表するものは音楽だけでなく、趣味、習い事、小話など様々です。 地域のお米や野菜の販売もございますので、ぜひお気軽にお越しくださいませ。