古民家暮らし

「歌の力」

月に何回か、高齢の方のための集いにボランティアとして参加させていただいている。

 先日は「みんなで歌いたい」という皆さんの希望で、歌集とキーボードを用意して即席歌声喫茶となった。

一冊の歌集におじいさん、おばあさんたちの青春時代が詰まっている。リクエストをしてもらうと、「青い山脈」や「東京ラプソディー」など次々に思い出の歌が出てくる。みんな生き生きとして、とても嬉しそうだ。歌うことで皆さんはその歌を歌っていたころ、聴いていたころにタイムスリップするのだろう。

一番前に座っていたおばあさんは、
「昨日もカラオケに行ってきたんだよ。わたしゃ91になるけど、歌うのが楽しくね。」
と進んでリクエストしてくれた。

お誕生日の歌で、みんなからお祝いの言葉をかけられたおばあさんは、95歳になったと元気いっぱいだ。

あちこちで敬老の集いが開かれて、健康長寿の秘訣などを保健師さんたちがお話してくれている。腹式呼吸、口の周りの筋肉や舌の体操などが大切だということで、予備軍にも大変勉強になる内容だ。

あれ?これらを無理なくやっているのが「歌うこと」ではないかしら?

あの90歳を超えてなお明るくお元気なおばあさんたちの健康の秘訣は、やはり歌うことにもあるのだろうと納得する。

寿命と健康寿命の差が10年もあるだとか、年金だけじゃ生きていけない、など暗い話題ばかりのこの頃なのに、ボランティアに行った先で知り合ったおばあさんたちから、世の中すてたもんじゃない、と勇気をもらう。

「ボランティアって、誰かのためにするみたいだけど、実は自分のためになるんだよ。」
と昔先輩から聞いたことがあったが、本当にその通りだ。お役に立てれば、と思って出かけた先で実は自分が一番勉強させていただく。

よし!これからもコーラスは足腰立たなくなっても続けるぞ!誰よりも艶やかなソプラノで範唱してくださる先生は、昨年運転免許証を返納されたと聞く。お歳は謎だけれど本当に若々しくて素敵だもの。

ABOUT ME
古民家コンサート
静岡県島田市大井川のほとりにある古民家です。 みんなが元気になる、出会いの場、つながる場となれるよう定期的に「古民家コンサート」を開催しております。 発表するものは音楽だけでなく、趣味、習い事、小話など様々です。 地域のお米や野菜の販売もございますので、ぜひお気軽にお越しくださいませ。